第2回 根本塾オンデマンド配信(2021年7月20日配信分)

RT 第2回根本塾(再配信)



よくあるご質問https://medinar.jp/faq.phpの「動画がうまく再生されません」から、ご視聴環境のご確認をお願いいたします。

*本セミナーは無料セミナーとなっております。事前登録されるとご視聴いただけます。開催中も登録可能ですので、皆様のご参加をお待ちいたしております。

*オンデマンド配信でのご質問は、メール(nemotojyuku@outlook.jp)にて受付けております。回答には、お時間を頂く場合がございますので、ご了承ください。

 

第2回 根本塾オンデマンド配信

 

公開期間:2021年9月22日(水)9:00~9月29日(水)9:00(予定)

 

「造影剤理論の誕生と意義」

   ~造影CT検査の標準化~ 

講師:森ノ宮医療大学 山口 先生

 

~~~山口先生からのコメント~~~

第2回根本塾では、「造影理論の誕生と意義」と題して、故八町 淳先生(診療放射線技師)が先駆者であるCT造影理論について掘り下げていきます。

造影CT検査によって被検者へ与える負担は、放射線被ばくのみならず、ヨード造影剤の暴露もそのひとつと言えます。そのため、造影剤量を最適化し、被検者がどこの医療機関で造影CT検査を受けても標準化された検査が提供されることはCT業務に関わる医療者としての責務でもあります。

本講演では、造影CT検査の標準化を行うためのCT造影理論について、第1回の物理的、薬学的観点を踏まえて考えていきます。

今回、お話しする内容が少しでも皆様の臨床活動の一助になれば幸いです。