第16回 オホーツクマルチスライスCT談話会

RT 第16回 オホーツクマルチスライスCT談話会



*参加証明書の発行には当日LIVE配信においての70%以上ご視聴が必要となります。

*本談話会は、日本救急撮影技師認定機構・日本X線CT専門技師認定機構・肺がんCT検診認定機構が認定する学術講演会です。日本救急撮影技師認定機構の認定ポイント(2ポイント)、日本X線CT専門技師認定機構の認定単位(3単位)、肺がんCT検診認定機構の認定単位(5単位)が取得可能です。

よくあるご質問の「動画がうまく再生されません」から、ご視聴環境のご確認をお願いいたします。

*本セミナーは有料セミナー (500円) となっております。事前参加登録後、参加費をお支払いいただくことでご視聴いただけます。

 

第16回オホーツクマルチスライスCT談話会 プログラム

14:30~14:35

開会挨拶 当番世話人 加藤 紘充 先生 ( 北見赤十字病院 )

14:35~14:50

製品紹介GEヘルスケアファーマ株式会社 

14:50~15:20

【 〇〇を撮影しました ― ブラックボックス ― 】

座長 : 加藤 紘充 先生          ( 北見赤十字病院 )

演者 : 高柴 裕司 先生           ( 北海道道立北見病院 : SIEMENSE SOMATOM Force )

演者 : 河村 康広 先生           ( 小清水赤十字病院 : Canon Aquilion Prime SP )

15:20~16:20

【ディスカッション ― CT線量管理、Japan DRLs 2020を踏まえて ― 】

座長 : 大髙 健 先生              ( 網走厚生病院 )

           三宅 恭平 先生          ( 網走厚生病院 キュアホープ : DOSE MANAGER )

           安藤 直人 先生           ( 北見赤十字病院 バイエル : Radimetrics Enterprise )

           上野 誠 先生             ( オホーツク海病院 システムなし事例 )

16:20~16:30

休憩

16:30~17:40

【特別講演】

座長 : 津元 崇弘 先生           ( 網走厚生病院 )

演者 : 茅野 伸吾 先生           ( 東北大学病院 診療技術部 放射線部門 )

           『 超高精細思考 ― 当院における超高精細CTの活用 』  

17:40~17:45

閉会挨拶 代表幹事 長島 正直 先生   ( 北見赤十字病院 )

共催 : オホーツクマルチスライスCT談話会 GEヘルスケアファーマ株式会社

後援 : オホーツク放射線技師会